CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
雪のパリ

paris
先週末はお久し振りにドカン!と
雪が降り積もったおパリです。
しんしんと降り続き数時間で数十センチも積もりました。
これに喜んだのが都会っ子、パリに住む子供達、、、。
小さなソリをもって色んな坂を滑り降りておりました。
楽しめるレベルの積雪でしたが、遊ばなソン損!と
いわんばかりのはしゃぎようでしたです。
paris
今年は年明けから記録的な雨が続いていて
水害がフランス各地で発生していました。
パリの真ん中を流れるセーヌ川も例外ではなく
まだまだ水位もアップアップしていて
普段にもまして迫力が、、、

でもきれいなんです、oh〜パリ。

| 日々の事 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨が降らなかった日

パリ
暗くて長い冬の真っただ中にご褒美のようなよーく晴れた今日
太陽を浴びるのも本当にお久しぶりで、こんな日は
キレイに晴れた青くて高い日本の空を思い出すのです。
ヨーロッパに暮らすようになってから特に、冬の季節は
太陽につられて散歩に出てしまうことも度々で
晴れていると家の中に居るのがもったいないような、、、
ここまで暗くて雨が続くとそんな気持ちになるものですね。
この世界の片隅に
公開されてからずっと心の隅にあった
「この世界の片隅に」フランスでもDVDが
発売されてやっとやっと。

私は広島出身の父と島根が故郷という母が
関西で出会って生まれた子なので
色んな場所にちらばれど家族の根っこは
山陰なのです。私は大阪生まれで実家も大阪に
ありますが、小さい頃から何度も何度も通った
大好きな親戚達が今でも暮らす広島と島根。

もうもうもう、、、この映画は
私の深いところの感情がゆらゆら
揺さぶられて大変でして、こんな
映画をつくってくれてありがとうございます。
 

| 日々の事 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
海、また来年!

空
南フランスで見た夏の終わりのこの空を見て
楽しかった夏休みもほんとに終わり!
空
さてと!きっとグレーの空のパリに帰りましょう。

ありがとう、また来年!

 

| 日々の事 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
海と風
海
南フランスのサナリーという街に滞在しています。
この街はフランスの南の南にある地中海沿いの街なので
とにかく風が吹くとたいへんな強風になるのです。
今日もサーファーでいっぱい!


 
| 日々の事 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏休みのこと、、、少し
アルプス
今年の夏はヴェアルセとヴェアルセstoffをお休みして
長い夏休みを頂きました。夏休みの間はフュンメンバーの
福万さんがまず私が住むパリにやって来て、それからは
家族や友人達、総勢7名でアルプス山脈へ山合宿に
出掛けたり、ベルギーをぐるりと廻る旅に出てみたり
慌ただしくも楽しく、いつもながらの珍道中となりました。
夏休みの様子はまた詳しくブログで書きたいと思います。
写真は夏休みの後半に訪れたベルギーはブルージュにて。
風のない美しい夕暮れに撮った一枚です。
エストニア毛糸
ベルギーのブルージュでは美しいレースを
ぜひ福万さんにも見てもらいたいと私は2年ぶりに
訪れましたが、お目当てのブルージュレースセンターが
随分と改装されていて(とっても近代的に)展示作品と
展示スペースが以前と比べて半分!?いやもっと、、、
激減していたのです。正直に見応えは、、、、え!
もう終わりなのー!?というほどに。思わず受付に
これで終わりなのかと尋ねにいったくらいです。

ただ展示されていた作品はどれも本当に
素晴らしくて手仕事の時間と手間を想うと
感動するしかありませんでした。

ベルギーではブルージュの他にアントワープと
ブリュッセルへも電車でぐるりと旅をしてきました。
レースの本場であるベルギーレースの買い付けも
してきましたので、ヴェアルセ店頭にてご覧頂けます!


お問い合せの多かったTOKYO SHAWL
アグネスウェストコートの糸セットですが
ご予約頂いている一部の方へは第一弾の入荷で既にお手元へ。
(ご予約頂いた順番でご連絡させて頂いています。)
そしてこれからの方へは第2弾の入荷が9月半ばの予定となりました。
もう少しお待たせしますが、何卒宜しくお願い致します。

編んでみたい!と糸セットをご希望の方は
お問合せフォームよりご連絡下さい。ご予約を承ります!

 
| 日々の事 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
oh〜, パリ!

パリ
フランスでは10月の終わりに冬時間になり
雨が降ったりやんだり暗くて長い冬の扉が開きました。

思いもよらない出来事でテレビにかじりつき
現実に起きていることだと受け止めるのが大変だった
テロの日から一年が経ちました。この日が近づくにつれ
連続テロについての特集番組の数々が放映されていて
被害にあった方々が一年経ったからこそ話せるようになった話や
時間が経ったからこそ一般市民に知らされる真実など
TVを見ていると驚いたり、涙がでたり、悔しかったりで
どうしてもプラスの感情が出てこないけれど。


先日も友人達との食事後にブラブラ街を散歩すると
色々あっても、パリの夜は圧倒的にキレイだなと思います。

 

| 日々の事 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
パリの蚤の市

蚤の市
毎週末固定の場所で開かれるパリの蚤の市といえば
ヴェンヴやクリニアンクールがよく知られていますが
それ以外にもほぼ毎週末パリ市内のどこかで開催されています。

プロフェッショナルの方達が多く出店するものもあれば
ご近所の方達が不要品を出すバザーのようなものも。

パリはちょうど山手線の内側と同じくらいの面積ですが
20区まである区によって、大袈裟なようでそうでもない
道によっても随分と雰囲気が変わるので、バザーのような
蚤の市であっても区や地域によって出されるモノの
雰囲気が違います!!

フランスの便利なブロカント情報は私も

毎週末の蚤の市を調べる為にこちらのサイト
利用しています。パリは75県ですの
「Selectionnez un departement」を
75 - parisにして下さいね。

上の写真は大きな靴下と刺繍額に惹かれて
写真を撮らせてもらいました。この乙女な
雰囲気を作り出したのはそれは大きな大きな
お腹をした熊のようなムッシュでしたです。

ヴィンテージの品々との出会いもそうですが、
プロが多く出店されているブロカントですと
工夫をこらしたレイアウトが見られるのも
楽しみの一つでして、アイディア中枢が
随分とが刺激されます。
蚤の市
イサガーさんのパータンにてISAGER毛糸
使用したMarieCardiganのワークショップを
開催していることもありカーディガンに合う
ボタン探しに、最近はボタンの海を楽しく
ここ掘れワンワンしています。
ボタン
個人的に大ヒット!お気に入りの
1930年〜50年代にかけてのフランスの
ヴィンテージボタンです。メタル素材ですと
本体の色を選ばず、合わせやすい!そして丸みを帯びた
厚みがあるデザインですのでロウゲージの毛糸にも
埋もれる事がありません。なんだか奇跡的に沢山
仕入れる事ができましたので、今月末には到着し
ヴェアルセにてご覧頂けます!
犬の置物
ヴェアルセの雑貨棚にワンコちゃんコーナーを
作ってもらいました。フランスと北欧各地から
神戸に集合です。個人的に馬と犬、そして猫に
クマなどなど、動物モチーフが大好きなので
結果 → → → 沢山ありますです。
お店では毛糸や手芸用品以外にもヨーロッパや
北欧各地で集めたヴィンテージの品々も並んで
おりまして、沢山集めた動物もチーフも大切に並べています。
一見するだけでは分かり難い存在のものもありますので、
じーっとご覧頂けましたら幸いです。
 

| 日々の事 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
エストニア毛糸 モヘアで編むセーター
三國万里子さん
数回のお洗濯(優しい手洗い)を繰り返し
ようやくチクチク感が少しはマシに着られる様に
なりましたらラララ、もう季節が過ぎ〜・・・、
セーターに合いませぬ!ようになりましたが、
フュンメンバー福万さんは三國万里子さん著 
「編みものともだち」よりヘンリーネックセーターを
エストニア毛糸 モヘアで編みました。
袖と着丈は自分の好みに合う様に長めにアレンジしています。
三國万里子さん
エストニア毛糸 モヘアはお洗濯(優しく手洗い)を
繰り返す毎に余分な油や毛が抜けて軽くなり、
嬉しいオマケ!チクチク感が軽減されてきます。
まさに時間を掛けて「育てるセーター」とでも言いましょうか。
ふんわ〜りと大変暖かい一枚になりますよ。
三國万里子さん
糸自体はハリがあり編みやすく、
モヘア特有の艶もあり、大変美しい糸です。
ただ!モヘア!編み上がり後すぐの、
チクチク感は有り!は否めませんが、
この風合いがたまらなく良い〜ので、やめられません。
三國万里子さん
使用グラム:310g
使用針:本体4.0mm ゴム編み3.6mm


| 日々の事 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
日本 ⇆ フランス
5月上旬に日本へ帰国し金曜日にフランスに戻りました。
日本へ帰国してからはヴェアルセ ヴェアルセstoffにて
お店番に出ていましたので、
「あれっ、お店にいつもとちがう人が居るわ〜。」と
中には訝しく思われた方がいらっしゃいましたら、
・・・、すみませんです。フュンの福田です。

その反面マリアンネさんの作品展を開催していた事もあり、
帰国の度にいつもタイミング良くお会いできるお客様に
勝手に嬉しいご縁を感じたりしております。

日本滞在中にフランスに居る夫から
「パリは天気が悪くて寒いのよ〜。」と
日本の温度を送ってあげたくなるような連絡がきていましたが
戻ってみると嬉しい驚きが・・・、
ありがとう、爽やか〜で!晴天!が続いています、。(今のところ)
paris

日曜日にはお弁当を持って自宅近くの公園でピクニックをしました。
・・・、満員電車のような混みようです、笑。
太陽+暖かい気温+(そこに公園があれば)=ピクニック!
ピクニック
何のアトラクションもありませんが、
何〜もしないで、素敵な時間があればそれで良いのです。
・・・、良いはずなんですが、中には日焼け目的で
ビキニ or 海パンでブラブラ〜っと「ここはビーチか!?」と。
ピクニック
この公園には大きな池があるので、
「その畔は・・・、」という事なんでしょうか。

万博
日本滞在中は万博公園に行きました。
愉快な友達や親戚が会いに来て行きました。
美味しい物を沢山食べました。
そして、母が骨折しました。
私の帰国を待っていたかのように、
帰国後2日目にして左手首をポッキリと・・・。
フランスに引っ越してからの数年間、いえいえ
大人になってから、
ここまで母と一緒に長く濃い時間を過ごすことになるとは。
骨折した瞬間も一緒に居たのですが、
手首のハレが物語っていて
ものすごーく!痛そうなのに「痛い」と言わず・・・、
がっちりギブスのお陰で自分で出来ないことが
沢山あるのに、「出来ない」と言わず・・・、
「普段は近くに居ない娘に泣き言は言わん!」とばかりに
プライド(強情)とでも言いましょうか・・・。
「あまのじゃく子さん」になっておりました。

実家に帰ると上げ膳据え膳
「美味しい手料理を食べさせてやりたい」と
随分と張り切っていらっしゃるので、
それが出来なくてきっと悔しかったのでしょう。
「普段はあんたも家事をしてるんだから、
ゆっくりしなさい。」といつも言ってくれるよね。

梅の木
母との共同作業として
実家の庭の梅の木の梅を収穫して
梅酒作りを手伝ったり、私の帰国に合わせて
開催される法事の準備をしたり、もちろん家事もして。

「近くに住んでいたら1ヶ月近くも
実家に居ることなんてまず出来へんよ。
遠くに住んでるからやん!」ーと私。

「あっ、そーか!ほんまやね。」ーと母。

遠くに住む娘もまんざらでもないようです。
私の帰国前の骨折検診で、
ギブスが短くなり、お陰様でイロイロ出来る様になりました。
| 日々の事 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
20年
umi
あの日からもう20年も経つのですね。
「20年・・・、」という
言葉の重みと時の長さを想っていますが、
20年が経過した今でもあの日のことは、
私の記憶の中心にあり、
鮮明に刻み込まれているようです。



| 日々の事 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>